メニュー

交通事故鑑定、事故鑑定、現場検証、解析を行う調査会社

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

交通事故鑑定|事故鑑定、事故現場の検証解析調査 事例

交通事故鑑定【事例集】事故鑑定、事故現場の検証解析調査


交通事故概要

車をぶつけられたと言いがかりをつけられ、金銭を要求された!
払う必要のないお金なので、車体についた傷から言いがかりであることを証明したい

Aさんの趣味は、週末に車でドライブをすることだ。

通勤では車を使わないため、近所の駐車場に車を停め、休みの日などに車で遠出するのを楽しみにしていた。

そんなある日のことである。

Aさんの家のポストに、一通の封筒が投函されていた。

中を見てみると、駐車場で隣に車を駐車しているBさんからのものらしい。

文面には、駐車していたBさんの車に、Aさんが車を擦ったこと、そのためできた傷を修理したこと、さらにその修理費を払えという内容が書かれていた。

Aさんには心当たりがなく、当然ながらAさんの車にぶつかった跡など残ってはいない。

直ぐに駐車場の隣の車を見に出てみるが、隣の車は駐車されておらず、どのような傷が残っているのかわからなかった。

とりあえず、次に何かアクションがあるまで待とうと思い、このことについて保留したまま数ヶ月が過ぎ、忘れかけていたある日のこと。

再びポストに封筒が投函され、今度は請求書と、支払わなければ訴えるという内容の文面が入っていた。

訴えるとまで言われ焦ったAさんは、Bさんに連絡を取り、自分の車はぶつかっていないこと、支払うつもりはないことを伝えるが、BさんはAさんが車をぶつけたんだと主張して譲らなかった。

そこで、請求の根拠として修理の明細書を要求してみたところ、前方左側から側面に掛けて細い傷が入っており、その修理費として80万円がかかったとされていた。

それ以降、払う払わない、ぶつけたぶつけないの話が平行線のまましばらく続き、ついに裁判沙汰にまで発展する事態となった。

Aさんはここまでの話し合いの中で、ここまできたら、いっそ徹底的に争う心構えとなっていたため、Bさんが証拠として出してきた車体の傷の写真から、車をぶつけた傷ではないことを立証するため、事故鑑定を行うことにしたのだった。


交通事故調査鑑定の結果

車をぶつけられたと言いがかりをつけられ、金銭を要求された!
払う必要のないお金なので、車体についた傷から言いがかりであることを証明したい


鑑定そのものは非常にスムーズに進行した。

というのも、提供された写真の傷の状態から、車体同士で接触したときにできる傷跡ではないことが一目瞭然であったのだ。

Bさんの車体に残っていた傷跡は、一定の太さで、ところどころ折れ曲がりながら車体の左側側面を長く走っている。

そしてその傷跡は深さもそれなりにあり、傷跡の両脇の塗料が盛り上がるようになっていた。

これは車体が接触したことによる傷ではなく、釘のような硬くて細い鋭いもので付いた傷の特徴であった。

痕跡から判明した圧力も、人が釘のような尖った金属を押し付けたときと同じとの結論が出る。

このことから、Bさんの車の傷は車同士の接触が原因ではなく、人力のいたずらが原因であるとの鑑定結果となった。


【参考情報】
事故現場の検証、解析調査、交通事故鑑定の流れ【ご依頼手順と注意事項】

よくある質問

交通事故調査鑑定の概要と基本理念

交通事故鑑定人と鑑定書について


交通事故鑑定により解決した事例

普通乗用車と大型二輪車(バイク)の衝突事故
双方が主張する衝突地点・科捜研鑑定書の矛盾点

軽貨物自動車と普通乗用車
田園地の十字交差点における衝突事故
双方車両の衝突時の速度推定

中型二輪車(バイク)と普通乗用車の衝突事故
損害賠償請求事件 「どちらの信号が赤であったか!」が争点となる、交差点での死亡事故。
遺族の執念が実る。

目撃者のいない死亡事故
事故車の破損状況から衝突時の走行速度を計算して、実況見分調書を覆す!

示談交渉の過失割合に納得がいかない!
損害賠償責任の過失割合を見直すための交通事故鑑定

自転車と車の事故の衝突事故
相手の主張が虚偽であることを証明する

バイクと車の交通事故
損害賠償請求事件で加害者にされてしまったとき相手の過失を証明する

普通自家用車とタクシーの追突事故
裁判反論・追突された車両の搭乗者が受けた人体衝撃力の推定

車をぶつけられたと言いがかりをつけられ、金銭を要求された!
払う必要のないお金なので、車体についた傷から言いがかりであることを証明したい


>>交通事故鑑定事例集一覧ページに戻る


交通事故鑑定 事故鑑定、現場検証、解析、調査会社R&I民間企業の所属団体


交通事故鑑定、事故の現場検証、解析、調査無料相談|即日、緊急対応可能

・交通事故鑑定をどこに依頼すればいいのかわからない
・損害賠償請求、慰謝料請求のための交通事故調査鑑定書が必要
・訴訟などにおける裁判用の証拠・意見書・反証資料が欲しい
・ドライブレコーダーを解析して、事故の原因と状況を知りたい
・人身事故の検証において、お互いの主張が食い違っている
・自分の過失割合に納得できない
・人身事故で真実が明らかにならず、不利益を被った
・交通事故の示談交渉に納得ができない
・あらゆるケースの事故問題、被害対策、証拠資料の収集
・トラブルに巻き込まれたかも!とにかく早く問題を解決したい

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
交通事故鑑定(事故現場の検証、解析、調査など)は R&Iにお任せください!



お問い合わせ


無料相談窓口:

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

交通事故鑑定|事故現場の検証、原因解析調査を行う民間機関です。

相談・見積もり何度でも無料!

お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538