メニュー

交通事故鑑定、事故鑑定、現場検証、解析を行う調査会社

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

交通事故鑑定|事故鑑定、事故現場の検証解析調査 事例

交通事故鑑定【事例集】事故鑑定、事故現場の検証解析調査


交通事故概要

示談交渉の過失割合に納得がいかない!
損害賠償責任の過失割合を見直すための交通事故鑑定

交通事故にあった場合、当事者の間でどちらに事故の原因があったのかによって、損害賠償責任を分担するのが一般的である。

いわゆる過失割合、またはその後の損害金の分担までを含めて過失相殺といわれ、人対車であれば0:100もありえなくはないが、車対車でよほどのことがなければ、50:50から事故原因に責任があるほうが割合を増やされることになる。

事故によって発生した車両の修理費や身体の治療費、休業保証金などの損害賠償の金額を、この過失割合に応じて分担請求するわけだが、この割合に納得がいかないと訴えるケースも少なくない。

Aさんも、そんな人物の一人である。

Aさんがあった事故とその後の状況は以下のようになる。

いつも利用するスーパーに自家用車で出かけたときのこと。

住宅街のあまり広くない道を走行し交差点に差し掛かったとき、横から走行してきたワンボックスカーと衝突した。

不幸中の幸いにも、Aさんにもぶつかってきたワンボックスを運転していたBさんにも怪我はなかったものの、双方の車は大きく損壊した。

後日、改めて修理費の負担割合などを話し合うことで、とりあえずその場は合意した。

そして、数日後。

Bさんの保険会社が提示してきたのは、事故の原因はAさん側にあり、Bさんが被害者である。

よって、事故の過失割合は9:1でAさんが修理費の9割を分担するように、という要求であった。

Aさんが訴え出たのは、この過失割合があまりにも一方的な主張であり、Bさんにも相応の瑕疵はあるのだから、適切な割合での示談を要望するためである。

事故現場の道路は、Bさん側が優先道路であることから、Aさん側がある程度多く負担せざるを得ないことはわかるが、それでも多くて7:3くらいだろう、とAさんは考えていたのだ。

ともかく、不満だからといって根拠がなければ合意に至ることはない。

そのため、示談交渉の材料として事故鑑定を行い、第三者の目から、Bさんにもそれなりの事故となる要因があったことを証明する材料を得る運びとなったのだった。


交通事故調査鑑定の結果

示談交渉の過失割合に納得がいかない!損害賠償責任の過失割合を見直す


Aさんが過失割合を減らすよう主張するための材料にしようと考えていたのは、Bさんの車の走行速度である。

ぶつかったときの状況は動転していてそこまで詳しくは覚えていないものの、Bさんが相当なスピードでぶつかってきたという印象があったからだ。

実際、ぶつかった直後に壊れた車を見て、お互いに怪我がなかったのが奇跡だと思ったほどである。

事故車両の写真はどちらのものも問題なく用意できた。

現物車両はAさんのほうは修理せず残っていたが、Bさんのほうは既に修理されているそうなので、Aさんの車の現物の衝突痕跡と、Bさんの車の写真の衝突痕跡から、衝突時の速度を割り出すことになった。

まず、事故状況で、衝突した後にお互いの車がどのように移動して停車していたのか、その状況から双方の車体の破損から見て取れる変形量、これらを根拠として、どの位の衝突エネルギーが発生したのかを計算する。

そして、お互いの車体の重量などから、そのエネルギーを生み出すために必要となる速度を算出した。

その結果、時速40Kmで走行していたAさんの車の左側前面、ちょうど助手席の前あたりに、時速60KmでBさんが突っ込んでいったという鑑定結果となった。

この道路の制限速度は30Km/hである。

Aさんも速度を超過してしまっているが、Bさんのほうがさらに20Km/hも速度をオーバーしているため、Bさんに事故原因が多大にあるといえるだろう。

この鑑定結果を元に示談交渉した結果、6:4での過失割合で合意する結果となった。


【参考情報】
事故現場の検証、解析調査、交通事故鑑定の流れ【ご依頼手順と注意事項】

よくある質問

交通事故調査鑑定の概要と基本理念

交通事故鑑定人と鑑定書について


交通事故鑑定により解決した事例

普通乗用車と大型二輪車(バイク)の衝突事故
双方が主張する衝突地点・科捜研鑑定書の矛盾点

軽貨物自動車と普通乗用車
田園地の十字交差点における衝突事故
双方車両の衝突時の速度推定

中型二輪車(バイク)と普通乗用車の衝突事故
損害賠償請求事件 「どちらの信号が赤であったか!」が争点となる、交差点での死亡事故。
遺族の執念が実る。

目撃者のいない死亡事故
事故車の破損状況から衝突時の走行速度を計算して、実況見分調書を覆す!

示談交渉の過失割合に納得がいかない!
損害賠償責任の過失割合を見直すための交通事故鑑定

自転車と車の事故の衝突事故
相手の主張が虚偽であることを証明する

バイクと車の交通事故
損害賠償請求事件で加害者にされてしまったとき相手の過失を証明する

普通自家用車とタクシーの追突事故
裁判反論・追突された車両の搭乗者が受けた人体衝撃力の推定

車をぶつけられたと言いがかりをつけられ、金銭を要求された!
払う必要のないお金なので、車体についた傷から言いがかりであることを証明したい


>>交通事故鑑定事例集一覧ページに戻る


交通事故鑑定 事故鑑定、現場検証、解析、調査会社R&I民間企業の所属団体


交通事故鑑定、事故の現場検証、解析、調査無料相談|即日、緊急対応可能

・交通事故鑑定をどこに依頼すればいいのかわからない
・損害賠償請求、慰謝料請求のための交通事故調査鑑定書が必要
・訴訟などにおける裁判用の証拠・意見書・反証資料が欲しい
・ドライブレコーダーを解析して、事故の原因と状況を知りたい
・人身事故の検証において、お互いの主張が食い違っている
・自分の過失割合に納得できない
・人身事故で真実が明らかにならず、不利益を被った
・交通事故の示談交渉に納得ができない
・あらゆるケースの事故問題、被害対策、証拠資料の収集
・トラブルに巻き込まれたかも!とにかく早く問題を解決したい

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
交通事故鑑定(事故現場の検証、解析、調査など)は R&Iにお任せください!



お問い合わせ


無料相談窓口:

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

交通事故鑑定|事故現場の検証、原因解析調査を行う民間機関です。

相談・見積もり何度でも無料!

お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538