メニュー

交通事故鑑定、事故鑑定、現場検証、解析を行う調査会社

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

交通事故鑑定|事故鑑定、事故現場の検証解析調査 事例

交通事故鑑定【事例集】事故鑑定、事故現場の検証解析調査


交通事故概要

A氏が運転する中型二輪車(バイク)とB氏が運転する普通乗用車の損害賠償請求事件
「どちらの信号が赤であったか!」が争点となる、交差点での死亡事故
遺族の執念が実る

閑静な住宅街の交差点内における交通死亡事故であるが、発生時刻は交通量のほとんどない深夜11時頃であり、近所で音を聞いたという目撃者が1人いるだけであった。

被害者のA氏と加害者のB氏は交差点内で出会いがしらに衝突し、二輪車を運転していたA氏は死亡している。

B氏の証言にもとづく実況見分調書によれば、「青信号で発進した際、バイクを運転していたA氏が赤信号を無視して交差点に進入してきた」と主張しているが、果たしてどちらの信号が赤信号であったのか。


交通事故調査鑑定の結果

バイクと普通乗用車,損害賠償請求事件 交差点での死亡事故


本件の争点は、事故発生時刻の信号が赤信号であったか否かである。

そこで、神奈川県警察本部交通規制課に当該信号機の信号サイクルの情報公開請求を行った。

その結果、当該信号機はコンピュータ制御していないため資料が存在しないが、当該信号機の西側にある信号機(〇〇〇〇駅前入口交差点)と連動しているとの回答があった。

まず、前提として両車両の衝突時の速度を求めるため、B氏の指示説明した内容から、工学鑑定によって速度を計算すると、A氏バイク速度は35.1km/hであり、B氏乗用車は23.3km/hであった。

そして、B氏の発進地点から衝突地点までの所要時間は5秒になると推定された。

次に目撃者の証言であるが、当該交差点付近にある自宅車庫へ自車を入庫した際に事故の衝突音を聞いたとのことであるが、その日は、当該交差点を右折(前方にA氏のバイクは目撃していない)した後、2軒目右側にある自宅車庫へ後進入庫するため停車した際、バックミラー越しにB氏の車が、当該交差点に停車中であり、発進してこないことを確認して車庫入れをしている。

目撃者の自認書をとるために、車庫入れを再現し、衝突音を聞いた時刻までを3回計測した結果、平均49秒であった。

そうすると、目撃者が車庫入れの際、バックミラーで確認したB氏車両が交差点で停車していた際の時刻と、B氏の供述する時刻は共通時刻となる。

さらに衝突音を聞いた時刻と、発進したB氏車両が衝突した時刻も共通時刻となる。

以上から、B氏車両の移動時間5秒を差し引くと、約44秒間、当該交差点で停車を継続していることが分る。

次に信号サイクル表に照らし合わせると、B氏の44秒後の発進時の信号サイクルは、赤信号の始まり位置であり、A氏バイクは、(〇〇〇〇駅前入口交差点)から当該交差点の青信号が連動して走行できることが分り、この信号時間帯を走行して衝突に至っている。

この信号サイクルは、当該事故の目撃者情報とも整合する。

仮にB氏の信号サイクルに照らし合わせた場合、(〇〇〇〇駅前入口交差点)から当該交差点の180m間の赤信号を無視して走行しなければ起こりえないことであり、目撃者証言とも矛盾する。

よって、事故の態様はB氏が44秒間(青信号19秒間も含む)にわたる停車状態は確実であり、何らかの理由で青信号を徒過して慌てて発進した状態が赤信号と推察された。


【参考情報】
事故現場の検証、解析調査、交通事故鑑定の流れ【ご依頼手順と注意事項】

よくある質問

交通事故調査鑑定の概要と基本理念

交通事故鑑定人と鑑定書について


交通事故鑑定により解決した事例

普通乗用車と大型二輪車(バイク)の衝突事故
双方が主張する衝突地点・科捜研鑑定書の矛盾点

軽貨物自動車と普通乗用車
田園地の十字交差点における衝突事故
双方車両の衝突時の速度推定

中型二輪車(バイク)と普通乗用車の衝突事故
損害賠償請求事件 「どちらの信号が赤であったか!」が争点となる、交差点での死亡事故。
遺族の執念が実る。

目撃者のいない死亡事故
事故車の破損状況から衝突時の走行速度を計算して、実況見分調書を覆す!

示談交渉の過失割合に納得がいかない!
損害賠償責任の過失割合を見直すための交通事故鑑定

自転車と車の衝突事故
相手の主張が虚偽であることを証明する

バイクと車の交通事故
損害賠償請求事件で加害者にされてしまったとき相手の過失を証明する

普通自家用車とタクシーの追突事故
裁判反論・追突された車両の搭乗者が受けた人体衝撃力の推定

車をぶつけられたと言いがかりをつけられ、金銭を要求された!
払う必要のないお金なので、車体についた傷から言いがかりであることを証明したい


>>交通事故鑑定事例集一覧ページに戻る


交通事故調査会社R&I民間企業所属団体


交通事故鑑定、事故の検証、解析、調査|即日、緊急対応可能

・交通事故鑑定をどこに依頼すればいいのかわからない
・損害賠償請求、慰謝料請求のための交通事故調査鑑定書が必要
・訴訟などにおける裁判用の証拠・意見書・反証資料が欲しい
・ドライブレコーダーを解析して、事故の原因と状況を知りたい
・人身事故の検証において、お互いの主張が食い違っている
・自分の過失割合に納得できない
・人身事故で真実が明らかにならず、不利益を被った
・交通事故の示談交渉に納得ができない
・あらゆるケースの事故問題、被害対策、証拠資料の収集
・トラブルに巻き込まれたかも!とにかく早く問題を解決したい

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
交通事故鑑定(事故現場の検証、解析、調査など)は R&Iにお任せください!



お問い合わせ


無料相談窓口:

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

交通事故鑑定|事故現場の検証、原因解析調査を行う民間機関です。

相談・見積もり何度でも無料!

お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538