メニュー

交通事故鑑定 R&I 事例集
事故の調査、解明、解析、分析

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

交通事故鑑定と調査、事例File

交通事故鑑定ご依頼事例その1

A氏が運転する普通乗用車とB氏が運転する大型二輪車(バイク)
双方が主張する衝突地点・科捜研鑑定書の矛盾点

交通事故の概要:

片側一車線路上で、同一方向へ走行中での接触事故について、双方の主張する衝突地点と衝突状態について、真実を解明する。
争点は、B車輌(バイク)が停車中のA車輌に追突したか否か。


>>>交通事故鑑定の結果はこちら


交通事故鑑定ご依頼事例その2

A氏が運転する普通自家用車とB氏が運転するタクシー(普通乗用車)の乗客
裁判反論・追突された車輌の搭乗者が受けた人体衝撃力の推定

交通事故の概要:

走行停止中のB氏運転タクシーにA氏車輌が追突した事故について、既に係争中の事案。


>>>交通事故鑑定の結果はこちら


交通事故鑑定ご依頼事例その3

A氏が運転する軽貨物自動車とB氏が運転する普通乗用車
田園地の十字交差点における衝突事故
双方車輌の衝突時の速度推定

交通事故の概要:

A氏車はフロント部分に破損が見られ、衝突後は時計回りに回転して停車している。
A氏車の回転を見ると、一般的にはA氏車の衝突速度が高いように見えるが実態はそうではない事を説明する。


>>>交通事故鑑定の結果はこちら


交通事故鑑定ご依頼事例その4

A氏が運転する中型二輪車(バイク)とB氏が運転する普通乗用車
損害賠償請求事件
「どちらの信号が赤であったか!」が争点となる交差点での死亡事故。
遺族の執念が実る。

交通事故の概要:

被害者のA氏と加害者のB氏は交差点内で出会いがしらに衝突し、二輪車を運転していたA氏は死亡している。
B氏の証言に基づく実況見分調書によれば、「青信号で発進した際、バイクを運転していたA氏が赤信号を無視して交差点に進入してきた」と主張しているが、果たしてどちらの信号が赤信号であったのか。


>>>交通事故鑑定の結果はこちら



交通事故の解析調査、裁判証拠、鑑定証明書の発行など





事態は一刻を争う可能性も!今すぐ行動、ご相談を!

時間が経過するほど、証拠は失われます。

 0120-477-885
 交通事故鑑定お問い合わせメール
 info@randi-supply.com
 本社:〒141-0022
 東京都品川区東五反田1-10-7
        AIOS五反田ビル

東京都港区高輪1-4-26高輪東誠ビル(旧本社)
アール・アンド・アイ交通事故鑑定民間機構


当社の交通事故の検証、解析、分析診断、事故鑑定は、トップレベルの実績との評価を頂いております。

ご依頼の際には、
明瞭な費用の設定、安心料金にて精度の高いサービス提供を約束

いたします。


交通事故の解析調査、裁判証拠、鑑定証明書の発行など



インフォメーション


コンタクト


交通事故鑑定と調査
事故の検証、分析診断、解明・解析や特定、識別、判定、 証明書の発行など

ご相談は R&Iネットワーク

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

東京を拠点として、交通事故の鑑定、調査、解析や解明を行うR&I
ご相談は無料です! ご連絡お待ちしております。

事故鑑定士のコラム


0120-477-885

交通事故鑑定お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538